安心・信頼・実績の南国殖産グループ
ふるさと鹿児島の太陽光のメンテナンス専門会社

TEL. 099-230-7195
受付時間 平日 8:30〜17:30

新着情報NEWS

2019.02.04

住宅用太陽光発電の火災事例

 2月になり、三寒四温で体調管理の難しい時期となりました。またインフルエンザも流行しております。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 先日NHKの番組で、『住宅用太陽光発電の普及に伴い増加する太陽光発電設備の火災』が放送されました。

 太陽光発電設備の火災時は、損傷したパネル以外は火災の炎でも発電するため、消火時に感電する危険性があります。そのため消火作業が困難になり、火災の被害が大きくなるようです。

 太陽光発電設備を設置されてから一度も点検されていない方や、過去と最近の売電金額に大きな開きがある場合、経年劣化以上の劣化や破損等が発生している可能性があり、これによって火災が発生する恐れがあります。

 太陽光発電に起因する火災の原因の多くが、「施工不良」、「不燃材の設置不備」、「メンテナンス不足」と言われています。定期的に点検することにより、防げるものがあると考えます。
 
 保守点検ガイドラインに準じた点検をおこない、火災等の災害を未然に防ぎましょう。

 

< 新着一覧へ戻る

ページ先頭へ

Copyright © Kyushu New Energy Maintenance Inc. Allrights Reserved.